歯科医師と考えた、歯科医師の転職・非常勤勤務に特化したスカウトサービス

歯科医師さんの転職、非常勤求人を無料でご案内。雇用成立でも利用料は発生致しません。
訪問歯科・矯正歯科・審美歯科など、各種求人を豊富にご案内いたします。

歯科eスカウト

転職事例紹介

非常勤という働き方

常勤の歯科医師として歯科医院にお勤めの先生のみならず、院長としてご自分の医院を開業なさっている先生、大学卒業間もない先生、育児中で家庭との両立が必要な先生、教育機関で教鞭をとっていらっしゃる先生など、自らの目的、生活スタイル、キャリアプラン等を実現するために、歯科医師間で「非常勤という働き方」に対する関心が急激に高まっています。

たとえば、
「治療技術や知識を学びたい」
「収入確保に役立てたい」
「ほかの医院の経営手法を参考にしたい」
「家庭若しくは医師以外の仕事と両立したい」
など、「非常勤という働き方」をとりいれた動機やポイントを歯科医院の先生から直接お伺いして、ご紹介してまいります。
是非ともご覧いただき、先生方の一層のご活躍のために、「非常勤という働き方」の活用をご検討ください。

事例のご紹介

治療技術や知識を学びたい

女性歯科医師:26歳 勤務医
個人歯科医院に常勤として勤務

⇒勤務先の休診日(週1日)に非常勤として勤務。
非常勤からの収入:約6万円/月

個人医院の先生の治療技術やノウハウだけでは将来自分が偏った歯科医師になってしまうのではないか――
などと、不安感が出始めていました。他の医院のやり方やノウハウ、他の先生の治療技術や考え方に触れる機会にもなって、よい刺激と思っています。プライベートな時間は確かに減りましたが、その分多くの患者さんを診る機会が増え、おかげさまで抜歯も自信が出てきました。新しい試みに出なければなっかたことだと思います。

収入確保に役立てたい

男性歯科医師:46歳 開業医
都内で個人歯科医を開業(3年目)

⇒開業している医院の休診日に非常勤として勤務。
非常勤からの収入:約15万円/月

開業3年目ですが、周りに競合が多く、また、増加の一途で、思うように患者の確保ができず、経営の悪化に困惑しておりました。当初の計画の様には、資金繰りがうまくいかず、開業時の借入金返済も別な方法を考えなければならなくなっていきました。開業をしていることもあり、近隣の患者様や地域の方々に非常勤をしていることを知られたくない、という思いがあり、今は休診日に神奈川県の医院で非常勤勤務をしています。収入確保のためにはじめた非常勤勤務ですが、今は他医院の経営手法に触れることができ、思わぬスキルアップも感じています。

ほかの医院のやりかたを参考にしたい

男性歯科医師:53歳 開業医
地方で開業してたが、都内に引越し開業5年目。

⇒自信の開業する医院の休診日に非常勤として勤務。
非常勤からの収入:約20万円/月

地方では常に予約がいっぱいの状況でありましたが、都内では競合が多く、なかなか患者が増えない状況から、競合との差別化として、また、診療報酬の点からも訪問歯科診療の着手を考えました。訪問歯科に必要な経営知識や注意点などを身近で得る機会もございませんでしたので、一度実際に経験できないのかと考え非常勤勤務として他医院で働いてみました。将来のための一つのステップと捉え、診療内容はもちろん、経営スタイルやスタッフとのやりとりなどを実学として習得しております。思いもよらなかったことに気付かされることが多々あり、訪問診療独特の必要事項・注意事項も多く、自身で開始する前に経験ができて、非常に有意義であったと感じております。

家庭と両立できる勤務をしたい

女性歯科医師:34歳 勤務医
個人歯科医院に常勤として勤務

⇒上記個人歯科医院を退職し、複数の医院に週3日程度非常勤として勤務。
非常勤からの収入:約24万円/月

卒業後、都内で非常勤勤務をしていまいたが、結婚を機に仕事と家庭の両立を考えるようになりました。夫も歯科医師のため、現状では収入面の問題はありませんが、完全に家庭に入ってしまうと、今まで培ってきたスキル、感覚が落ちてしまうことが心配でした。自分の生活に合った働き方というものを考えはじめ、先の歯科医院を離れ、非常勤として勤務することを選択しました。新たに勤める歯科医院に審美歯科に力を入れている医院を選び、興味はありましたが学ぶ機会のなかった審美について実際に触れる機会を持つこともでき、以前では得られない収穫もありました。